三益製薬は、健康食品(サプリメント、栄養補助食品、機能性のある食品、栄養強化食品など)のOEM(受託製造)・PB・販売をサポート

食材原料紹介

研究実績を元に独自に厳選した原料をご紹介いたします

三益製薬の商品は、創業以前の1980年代から、若い医学者により東洋医学に基づいた研究や開発が行われてきました。数百種類の素材の動物試験・臨床試験を行い、その結果を集約し、健康食品としてご紹介いたします。
弊社では原料のみの販売は行っておりません。下記原料を使用してのOEMに関しては、一度弊社までお問い合わせ下さいませ。

苦蕎麦エキス

中国・チベット・ネパール等の標高の高い山間部で貴重な栄養源として古くから栽培されているそばの一種です。他の穀物が栽培できないような厳しい環境のもと、たくましく実を結ぶ生命力の強い植物です。
日本で知られている普通のそばに比べ、体に良いとされるフラボノイト、ポリフェノールが100倍以上含まれている今注目の食品素材です。

雪蛙卵油

雪蛤は学名が中国林蛙であり、長白山支脈海抜300~500m、北緯40.1~43度、東経122.55~125.55度自然環境の良い水源地で生育しています。雪蛤は春に水源地から山に登り、夏に山で成長し、その間池の水が乾燥により干上がり、水底が太陽熱により殺菌されます。秋には水が溜まるので雪蛤も山から池に戻ります。冬には水底で冬眠し、この過程を4年繰り返し山林と水源地の自然栄養を吸収し産卵します。
雪蛤の卵油は豊富なバランス良い栄養分を含んで、中国で「補の王様」と呼ばれ、画期的な健康食品として注目されています。

満天星エキス

満天星は中国東北地方及び内モンゴルに自生する菊科の植物で、学名は(クセツシ)です。
現代薬理研究により、満天星には植物性アデノシン及び多種のフラボノイド類化合物などが多く含まれていると分かり、新発見された天然ハーブとして注目され始めています。

レスベラトロール

ポリフェノールの一種で赤ワインやぶどうの種、皮、落花生の薄皮などに多く含まれています。アンチエイジング、脂質代謝、抗肥満、1997年に「サイエンス」誌で抗ガン作用が報告されて以降、抗ガン・抗痴呆症などの観点で多くの研究が進められています。 近年までは、吸収が難しく殆どが排泄されてしまうとの結果が出ていましたが、関係研究機関の研究により複合処方による高吸収に成功しました。

 

トンカットアリ

マレーシアではトンカット・アリという名でよく知られている国民的に有名なハーブです。オランアスリ(森の住人)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、その根を煎じて飲まれていました。トンカットアリには、ライディッヒ細胞低下の影響を受けることなくフリーテストステロンを最大化する作用や、SHBG(性ホルモン結合グロブリン)値を低下させ遊離テストステロンを増加する作用、性的機能に関連する代謝機能の活性を高める作用、スタミナの増強を促す作用があります。また、精子の動きを活発にする作用も報告されています。

 

マカエキス

マカはミネラル・ビタミン・アミノ酸等の栄養素を多く含んだ、滋養強壮・精力増強に効果的な健康食品です。マカはペルーにおいてトンカットアリと同様に滋養強壮に効果が期待できるハーブといわれています。トンカットアリはマカとのコラボレーションによりお互いに持っていない栄養成分を補い合い、完璧に近いバランスを作り出すことができます。

 

アップルペクチン

リンゴに含まれる水溶性の整腸作用の期待できる食物繊維。
腸内の悪玉菌を抑制する働きがあり、悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを増進するため、お腹の調子を整える効果が期待されています。

リンゴポリフェノール

コレステロールを減らす働きや脂肪の吸収を抑える働きがあるためダイエットに効果的と言われています。また抗酸化作用と抗ヒスタミン作用があり、アンチエイジングやアレルギー症状にも効果が期待されている。