2011年1月アーカイブ

石先生の健康講座

| コメント(0) | トラックバック(0)

■■■ のどの炎症には ~昔からのおばあちゃんの知恵袋~ ■■■

昔からのどが痛いときに聞くといわれているのどに貼るシップ療法を紹介します。
  

 one 長ネギ   

ねぎのぬるぬるした部分にのどの炎症を抑える成分があるといわれています。
それを利用して、ねぎの白い部分を5cmほどの長さに切り、縦に2つに割って内側に軽く塩を振ります。

振ってから閉じたら布に包み、ねぎの入った部分をのどに当てて後ろで縛って固定します。
  

 two 酒   

酒を少し温めて布に染み込ませます。
暖かいうちにのどに巻いて固定します。
何度か取り替えるうちに痛みが和らぎます。
   

 three 塩   

フライパンで塩を軽くいり、布に包んで首に固定します。
のどが温まって痛みを和らげる効果があるみたいです。
   

 four レンコン汁   

急な風邪に対応できるかは微妙ですが、よく効くので紹介します。
レンコンを皮ごとすりおろし、しょう油か塩で軽く味付けしてから濾します。
これにしょうがの絞り汁を1・2滴加え、葛粉を入れて練りこみます。
これに熱湯を加えてかき混ぜて飲むと効きます。
温かいうちに飲むと体も温まっていいでしょう。
レンコンにはビタミンC、鉄分、タンニン、カリウムなど栄養が豊富でのどに効くと言われています。 

張先生の健康講座

| コメント(0) | トラックバック(0)

寒い日が続いています。snow最近、脳梗塞になった方の情報をよく耳にします。

特に高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症の持病を、お持ちの方は発症リスクが高いので注意が必要です。

冬場は寒さの為、末梢血管が収縮し血圧が高くなりがちです。

寒い中から、急に熱いお風呂spaなどに入った場合、収縮した血管が一気に拡張する為、

脳梗塞や心筋梗塞に罹りやすいのです。

ぜひ、皆さん気をつけてくださいね。happy01

周先生の健康講座

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

『健康とは何か?病気じゃないのが健康?』この考えは間違いです。

病気ではなくても、必ずしも健康とは言えないのです。

WHO(世界保健機構)が定めた「健康」の定義は非常に有名です。

 

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the

absence of disease or infirmity. 

新年あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、

皆様、新年あけましておめでとうございますhappy01

 

2011年も、

三益製薬は健康食品のOEM(受託製造)・PB・販売のサポートをすべく全力で業務に

取組んで参りますpunch

 

お気軽にご相談くださいear

本年もよろしくお願いいたしますshine