三益製薬は、健康食品(サプリメント、栄養補助食品、機能性のある食品、栄養強化食品など)のOEM(受託製造)・PB・販売をサポート

三益製薬ブログ

2017年06月

梅雨から夏にかけて

蒸し暑い日が続いていますね。
皆様、お元気にお過ごしでしょうか?
 
梅雨時期から夏にかけて、食欲が減退する方が増えます。
それに加え、季節特有の症状に悩まされることもあり、
身体に負担がかかる状態が続きます。
 
体調を回復させたり、健康を維持するためには、
まずは食事をしっかり摂ることが大切です。
 
20170628.jpg

食事量が減ると、摂取する栄養も減少し、回復が遅れてしまうからです。
 
でも、そんなに食べれないなと感じてしまう方もいらっしゃると思います。
基本は食事からしっかり栄養を摂取することですが、
もっと手軽にたくさんの栄養を摂りたいという方には『酵素』がおすすめです。
 
弊社でも80種類の野草・野菜・果物などをブレンドした
『百草酵素』を取り扱っております。

201705172.jpg

この時期に積極的に摂りたい食材である
柑橘系、香辛料、香味野菜もしっかり入っているので嬉しいですね♪

 今年の夏は酵素と一緒に乗り切ってみてはいかがでしょうか?

 
弊社商品を、お取り扱い頂ける代理店を募集しています。

またOEMに関するご相談も随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

 

三益製薬オンラインショップ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/san-ekishop/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三益製薬Facebookページはこちら
三益製薬株式会社

Facebookページも宣伝

季節ごとの症状   2017年06月28日

血太り?!とは

水太りという言葉をよく耳にしますが、
実は、『血太り』という症状もあります。
 
原因はずばり「血」の滞りです。
 
血行が悪い血太りタイプの方は、
血中の老廃物をうまく押し流すことができず余分な脂肪をつけてしまいます。
また、肌荒れや便秘、婦人科系のトラブルにもなります。
 
このタイプの方は、お腹や腰まわりに脂肪がつきやすいです。
 
対策としては、体が冷えないようにすることがポイントです。
特に下半身を冷やさない工夫をしましょう。
 
「血」の巡りをよくして滞った老廃物を押し流してくれる足湯などがおすすめです。
時間は20分程度で、その際に、血行をよくしてホルモンバランスを整える
三陰交のツボをまで浸かるくらいの水位にし、このツボを温め、
押すことでより実感できます。
 

お気に入りのアロマやバスソルトを入れて
香りもあわせて楽しんだりするのもいいですね♪

20170621.jpg

 
弊社商品を、お取り扱い頂ける代理店を募集しています。

またOEMに関するご相談も随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

 

三益製薬オンラインショップ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/san-ekishop/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三益製薬Facebookページはこちら
三益製薬株式会社

Facebookページも宣伝

ちょっとひとやすみ   2017年06月21日

「水帯」になっている方はいませんか?

気血水についてご紹介いたします。
 
まず、初めに気血水は、
バランスが取れている状態がベストとされています。

陰陽でいうと、気が陽、血・水が陰にあたります。
そのため、気は血・水ともにバランスをとっている関係、
血・水は、陰の間で相互にバランスをとっている関係となります。


特に、東洋医学では
血・水に関連する不調は、気にも関係すると考えられております。
 
梅雨時期になると、「水帯」という症状が増える確率が上がります。
「水」の流れがスムーズに行かず、体の一部分に停滞している状態が「水滞」です。


“水”が停滞している場所によって症状が異なり、下記のようになります。
 
体全体に停滞水太り・めまい・体の重たい
関節や皮膚に停滞関節炎になり易く、胸に停滞すると鼻水や咳がでる
上腹部に停滞胃もたれ・下痢・末端の冷えなどが起こる

 
2017614.jpg


体が冷えやすく胃腸機能が低下気味のため、
体を冷やさないように薄着は避けて保温に努めましょう。
温野菜やスープなどの体を温める食べ物で、内側からも温めてあげましょう。
 
また適度な運動で汗を流して体内に滞った水を排出しましょう。


 
弊社商品を、お取り扱い頂ける代理店を募集しています。

またOEMに関するご相談も随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

 

三益製薬オンラインショップ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/san-ekishop/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三益製薬Facebookページはこちら
三益製薬株式会社

Facebookページも宣伝

季節ごとの症状   2017年06月14日

梅雨には梅雨の対策法♪

九州は梅雨に入りましたが、

 毎年、梅雨の時期には気圧や湿度の関係で体調を壊しやすくなるので

早め早めに対策をとることが大事です。

 
本日は梅雨時期におすすめのポイントをご紹介します♪

 

東洋医学では、湿気による邪気のことを『湿邪』といいます。

原因としては、湿度が高い、雨にぬれる、長時間濡れた洋服を着用している

などがあげられます。

 

湿気が多いと汗が出にくく、体内に水分が溜まります。

そのため、水分の重さで身体全体が重くなり、関節が痛くなることもあります。
このように湿邪とは、体内に水分がたまりうまく排出されず、

気血の流れが悪くなる状態のことをいいます。

 

また、湿邪は水分が体の下部に溜まりやすくなるので、

下半身のむくみや消化器系の不調が現れやすいです。

 

では、どのような対策法があるのでしょか。

 

まず、冷たいものを頻繁に摂りすぎないことが大事です。

適度に摂るように心がけましょう。

 

また、室内の湿度を40~60%に保つようにし、

定期的に窓を開けて空気の入替えをすることもポイントです。
 

 20170607.jpg


そして、汗をかいたときはなるべく早めに拭き取りましょう。

汗が冷えて代謝が悪くなり、むくみや身体の重だるさの原因となります。


 

もし、疲れが溜まっているなと感じたら、ストレッチやよヨガがおすすめです。

特に湿気のたまりやすい関節を動かすなどのメニューが有効です。

201706071.jpg


季節ごとに出やすい症状は違いますが、
季節に合った対処法を行って身体のケアをしましょう。


 

弊社商品を、お取り扱い頂ける代理店を募集しています。

またOEMに関するご相談も随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

 

三益製薬オンラインショップ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/san-ekishop/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三益製薬Facebookページはこちら
三益製薬株式会社

Facebookページも宣伝

季節ごとの症状   2017年06月07日

三益通信NO.7

201706かわら版.jpg


201706かわら版2...
三益通信   2017年06月01日